格安スマホ機種変更

気ままコラム

ちょっと前に格安スマホの機種変更を検討中と書きましたが、無事に機種変更ができたのでその報告です。




これまでdocomoからイオンモバイルに乗り換えたときからファーウェイのNova Lite 2を3年くらい使用してきました。
機種には特に不満もなかったのですが、アメリカと中国の覇権争いの標的になってしまっていて今後もファーウェイを使い続けることには不安があることから別のメーカーのものを選ぶことにしました。
これまでスマホはGALAXYからiPhoneと海外メーカーのものばかり使っていたので、本当はいい感じのものが日本メーカーにあるならそれを使いたいと思っているのですが、見た目的に角張ったい感じとか、これと決められるような好きなものがないんですよねぇ…

そんなんでいいんか!!日本メーカー!
日本のスマホが世界で通用しなくなったのがよくわかりますね…

格安スマホで初めての機種変更、SIMフリースマホをネットで購入して自分で設定を行うということで、今回は高額機種はやめて3万円前後のものから選ぶことにしました。

そんな中で購入を決めたのは台湾のAsus(エイスース)のZenfone Max Pro M1。
台湾は旅行先としても大変気に入ってるので、日本メーカーでいいものがないならありかなということから選択。
アマゾンで24800円で購入しました。

機種変更の手順は事前にネットで調べておきましたが、実際にやってみても簡単に終わりました^^
SIMカードを入れ替えて、APN設定というのが若干面倒なのかなと思っていたら新スマホの中にすでにイオンモバイルの選択肢が用意されているので選択するだけ、グーグルアカウントでのデータの引継ぎ、そしてイオンモバイルで無料通話を利用するためのアプリのイオンでんわをインストール。
旧機種で使っていた各種アプリを全部インストールするまではまだできていませんが、主要なものは新携帯に投入できました。

Zenfone Max Pro M1を使ってみての感想ですが、サイズが大きくなって少し重さを感じるのと、バッテリーの持ちが格段に長くなりました(フル充電で丸1日楽々持ちます)。
それからポケモンGOの反応が大手キャリアより遅いのは格安SIMだからかと疑っていましたが、どうやら原因はスマホにあったようで機種変更で早くなったようです。
また、ポケモンGOなどGPSを利用したゲームでちょくちょく飛ばされるGPSの不具合が以前はよくあったのですが、機種変更でほぼなくなりました。
ここら辺はファーウェイが何か悪さをしていたんじゃないかと疑いたくもなりますねww

ファーウェイのときはスマホ画面に貼る保護フィルムと簡単なスマホケースが機種本体とセットになっていたのですが、Zenfoneではセットはなし。
後から追加でガラスフィルムとケースを追加購入しました。

こんな感じで今のところ機種変更に何の問題もなし。
新しい機種に問題は発生していません。
これからアプリをいろいろと追加していかないといけないのが面倒ですが、3~5年使うつもりできれいに整理していこうと思います。

格安SIM、格安スマホ、本当にお勧めです。

イオンモバイル

投資判断は自己責任で。
↓↓よろしければ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました