今年のNISA枠をどう使うか?

投稿者: | 2018年1月24日

昨年はポートフォリオに占める現金比率が過去最高というくらいに高くなって、買いたい銘柄があればいつでも資金投入できる状態にありながら結局NISA枠の大半を使い逃してしまいました。
今年はそんなことがないように、今のうちから候補銘柄の選定を進めておきたいと思っています。
ただ、今の株価で高値づかみはしたくないので、将来有望そうな会社を見つけた上で、買いのタイミングも慎重に検討したいと考えています。




これまでで一番投資がうまく行っているのは間違いなくアマゾン。
2014年2月に355ドルのときに買い始めて、4月には300ドルまで下げたので買い増しました。
その後半端な株数を売却してしまったのが残念といえば残念ですが、平均取得単価339ドルだったものが現在は1350ドルまで約4倍に上昇しています。
個人的なアマゾンの目標株価は長期で3000ドル、5000ドルというところを目指しているのでまだまだ保有は続きますが、ここまででもかなり株価は上昇しているのでさらなる買い増しはなかなか決断できませんね^^;

アマゾンを買ったときにほかに候補として考えていたのはグーグル(現アルファベット)。
当時500ドルくらいだった株価は現在1200ドル近くまで上昇しています。
現時点での上昇率ならアマゾンの選択は間違っていませんでした。
アマゾンの利益の驚異的な成長率に賭けたのが現在のところまでは当たっています。
アマゾンの成長率には見劣りしたのでアルファベットを切ったわけですが、それなら今ならアルファベットを買えるかというとアマゾンと同じIT関連銘柄ということでかぶってしまうし、どうも買いたい!と強く思うところまでは届かない感じがします。

アメリカ株はほかにIBMも保有しています。
バフェット銘柄に加わりながらもなかなか株価は上昇せず、とうとうバフェットは見切りをつけてしまったようですが、そんな見捨てられたIBMはもしかしたらおもしろいかもとは考えて見たものの、やはりIT関連銘柄でアマゾンとかぶってしまうことを考えると分散させたい思いもあってなかなか100万円前後を一気に注ぎ込む気にはなれません。

そうすると日本株にすべきか。
いくつか注目している日本株もあるにはあるのですが、どの株も現在は株価急騰中、次の何とかショックでも来ないとなかなか手を出せない状況です。
まあ夏くらいまでじっくり検討を続けておいて、買いのチャンスが来ないかゆっくり待ちたいと思います。
今年もポートフォリオは大きく変動してくるのではないかと思うので、楽しみにしておいてください。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。