まずは自己紹介から

投稿者: | 2017年2月22日

株式投資歴10年以上になる40歳のMKです。
とある資格を持って地方で仕事しています。
高校生のころからずっと株式投資には興味を持っていて、今の仕事に就いていなかったら証券会社にでも就職していたかもしれないなと思っています。
子どものころからわりと堅実な方で、小遣いやお年玉をコツコツ貯金するのが大好きでした。
中学校卒業前に貯金100万円を突破。
大学には実家から通学していましたが、奨学金をもらいつつ、学費は親に払ってもらっていたので、またしても貯金が増加。
200~300万円くらいになっていました。
学生時代に初めてドルを買ってみました。
“ミスター円”と呼ばれた元大蔵官僚が専門家として今後円安になるとテレビでコメントしていたので、だったらドルを買っておけば必ず儲かるじゃないかと思ったのがきっかけ。
期待は裏切られてその後円高となって長い期間含み損を抱えたことで、専門家の言うことはあてにならないなと勉強しました。
その後は資格試験受験生時代に貯金を少しずつ取り崩しながら生活。
投資に力を入れてる場合ではなかったので、ようやく資格試験に合格した後の30歳を前にしてカブドットコム証券に口座を開設し、株式投資デビューを果たしました。
当初はどうやって元手を増やすかだけを考え、とても投資とは呼べないような投機まがいの活動もしていました。
ホリエモンのライブドアが世間を賑わしていたときにライブドア株で一儲け。
ライブドア関連で二匹目のドジョウを狙ってフジテレビ株を購入しましたが、その後ホリエモンの転落もあって株価は低迷、本業の忙しさもあってすっかり株は塩漬け状態が続きます。
そしてリーマンショックによる株式市場の冬の時代…

民主党時代が終わろうとしていたころ、ふと思い出したように株について勉強をするようになりました。
このとき注目していたのがウォーレン・バフェット。
バフェット関連の書籍をいろいろと目を通し、もちろん「賢明なる投資家」も読みました。
そこで投機ではない“投資”というものにようやく目覚めました。
新たにSBI証券でも口座を開設し、このころ割安のまま放置されていた日本株を買いあさるようになりました。
このころはきちんと記録をつけていなかったので、結局いくら買ったかわかりません。
株主優待についてもいろいろ調べ、優待銘柄を中心にたくさんの銘柄を購入しました。
結局500万円くらい買ったでしょうか。
ほどなくして政権交代、そしてアベノミクスが始まると、証券口座の残高は毎日のように10万円くらいずつ当たり前のように増えていきました。
株を買わなきゃ損だという風潮の中、手元資金はほとんど株へ投入し、投資資産はあれよあれよという間に1000万円を超えていました。
そんなに金持ってたっけ?という状態だったので、かなりの含み益を出していたはずです。
その後ピーク時には資産残高が2000万円を超えすっかり有頂天に。
そこから株式市場は調整期を迎え、投資資金の取り崩しもあったりで、現在は1500万円前後に落ち着いています。

さて、このブログを始めることにしたのは、目標としている金融資産10億円を目指す道筋をきちんと記録しておこうと思ったから。
1億円で億り人入りしたくらいでは、リタイアして悠々自適の生活を送るのは少し無理そうです。
10億円あれば、手堅い銘柄を選んでおくだけで配当収入が年間3000万円くらいは期待できるので、税金を差し引いても十分に裕福な生活ができそう。
そんなわけで目標は金融資産10億円に設定です。
バフェットに倣い、長期投資で10億円を目指します。
現在の投資資金を100倍にできれば10億円突破!
1500万円を年利20%で運用を続けるとすれば、11年で1億円を突破、24年で10億円に到達できます。
毎年コンスタントに20%の利回りを上げ続けることはなかなか簡単ではないでしょうが、30年くらいかけて10億円到達ということなら決して不可能な数字でもないんじゃないかなと思えてきたりします。

破産でもしない限りは10億円までの道のりを記録していこうと思いますので、末永くお付き合いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。