テレビ離れ

投稿者: | 2019年5月10日

10連休明け3日連続で日経平均株価は大幅下落が続いています。
とはいえ、長期投資家としてはまったく心配するわけでもなく、「また下がったか~」と気ままに眺めているだけですw
ところが、連休明けのNHKのニュースやそれに続く番組で株式投資に関する特集をやっていたのですが、株式投資とはギャンブルのような短期投資が王道であるとでも言いたいのかと思える制作スタンスにかなり呆れてしまいました。
株式投資がギャンブルだと思い込んでいるスタッフが番組を作っているのか、天下のNHKスタッフがそんな馬鹿なわけがないから、あえて深読みするなら一攫千金を夢見る大衆をミスリードすることでエリートである自分たちは反対に稼がせてもらおうとでも思っているのか…




長期投資なら株価の変動に一喜一憂する必要はまったくなく、日経平均株価が1日で500円下落しようが、3日で1000円下落しようが、何も気にする必要はありません。
さすがに数千円も下落すれば心中穏やかではいられないかもしれませんが^^;
反対に、数千円も値上がりしようが、内心にんまりしつつも放置しておくだけのこと。
連休中に何かあっても日本では売買できないから連休前に保有株を手放しておくべきかどうかなんて、まったく考える必要もありません。
番組で取り上げていた女性は連休前に保有株を売却したということで、連休最終日のトランプショックによる連休明けの株価下落は回避できたと喜んでいましたが、こんなことを報道することでNHKは何を視聴者に伝えたいのでしょうか??

MKは別に短期投資を絶対悪とみなしているわけでもありません。
それなりの経験と理論で短期投資で稼ぐ人がいてもぜんぜん構いませんが、それが株式投資の王道だとは絶対思いません。
株式投資をギャンブルと勘違いして参入してくる人が大勢いればますます株価が実質的価値と乖離することも多くなってくるでしょうから、長期投資家にとって割安株を見つけるチャンスが増えるメリットもありますw
だからといって短期投資を勧めますなんてことはもちろんなく、一般人がギャンブルでなく株式投資を行おうとするのであれば絶対に長期投資であるべき。
年金の基金の運用なんかも長期投資であるべきで、そうであれば長期で運用益がきちんと上げられているのかだけが問題であって、この四半期では何兆円の損失を出したということがあったとしてもまったくニュースにする価値はないものと思っています。
それを政権批判につなげたいのかいかにも重大事であるかのように報じるマスゴミ各社に、ニュースの最後に今日の株価はどうだったとしたり顔で報じるワイドショーのようなニュース番組を仕切るキャスターの面々…




ほとんどおもしろいとも思えないバラエティーやドラマには興味のないタイプで、テレビは見るとしてもスポーツやニュースくらいでしたが、今後はニュースもテレビで見なくなるかもしれませんね。
個人的にますますテレビ離れが加速しそうです。

投資判断は自己責任で。
↓↓よろしければ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

株式長期投資ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA