株式投資の最終目標

投稿者: | 2018年1月19日

現在1000万円ちょっとの資金を株式投資に回しているわけですが、将来的にどのようなゴールを設定しているのかはっきりさせておくのも悪くないと思います。
そんな夢を公言しておけば明確な目標にもなりますし、少しでも目標に近づけようと努力することにつながるかもしれません。
本当に夢を実現できたときにその目標を立てたときのブログ記事を読み返すのもきっと楽しいことになりそう…

そんなわけで、現在の投資の最終目標を綴っておきたいと思いますw




MKプロフィールでも明らかにしていますが、目標は金融資産10億円と設定しています。
投資家の間では“億り人”という有名な言葉もありますし、本当に1億でも2億でもできれば老後は安泰だろうから1つの目標としては十分ありだと思うけど、それだけで本当に満足できるのか?
億の財産を築くことができたら配当利回りのそこそこ高い銘柄を選べば、配当収入だけでも年間300万円程度は確保できそうです。
これに年金がいくらか加算されるとして、十分豪勢な生活を送るにはまだまだ不十分だと思います。
金融資産を少しずつ取り崩していってもいいのかもしれませんが、もっとゆとりを持って生活したい…

そうすると、“自由億”の言葉があるように、やはり10億円くらいは築かないと本当の自由を獲得することはできないのだろうと思うに至るわけです。
10億円あったら、配当収入だけで年間3000万円くらいは期待できるでしょう。
税金を差し引いても、将来的に税率がかなりアップすることがあったとしても、今以上に裕福な生活を確実に送れそうです。
仕事は確実にリタイアですね。
現在はとある専門職に就いていますが、個人的には天職と思える仕事でもないので十分な資産があればいつでも辞めますw
仕事はせず、引き続き投資を楽しみつつ、趣味を増やしていきたいと思います。
現在趣味と言えるようなものは投資とゴルフ、最近始めた中国語くらいですが、将棋や囲碁、水墨画に篆刻、英語ほか外国語、本格的に取り組んでみたいことは山ほどあります。
仕事を辞めて暇を持て余すということは自分には無縁ではないかと思っています。
裕福な生活を送れる=贅沢をするというつもりはないので、家賃何十万円の家に住むとか豪華な外食三昧とか車を何台も保有するとかそういう生活をする気はまったくありません。
まあ年間2~3回の海外旅行をしてみたり、そのうち1回はビジネスクラスを使うだとか、妻の家事の負担を考えたら毎日自炊というのではなくいろんなものをお店に食べに行くというくらいの生活はいいかなと思っています。

本当の自由を獲得することができたら、日本での生活にこだわる必要はないと思っています。
日本の将来性のなさはつくづく感じています。
社会保障費が膨らみ続けていることは否定できず、このままいけばどこかで破綻することは確実でしょう。
本当の自由を獲得したらそんな日本にかじりつく必要はまったくありません。
具体的にどの国とは決めていませんが、アメリカでもマレーシア辺り、もっと発展途上国でもいいかなとも思います。
物価の安いところでひっそり生活したいですねw




医学の進歩を考えたら、人生100年の設計を立てないといけないでしょう。
70歳までは仕事をするのが当然という世界になっていくでしょう。
そんな中でも60歳くらいまでにはリタイアできるように準備しておきたいですね。

株式への長期投資でこんな目標を達成していきたいと思います。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。